法人課税信託 スキーム

Feby 8, 2020
法人課税信託 スキーム

法人課税信託 スキーム

前回は、ms法人を設立して資産防衛に成功した病院経営の事例を取り上げました。今回は、「一般社団法人」と「信託」を活用した節税の手法を見ていきます。

信託に対する収益については、受益者に発生時課税される信託(受益者等課税信託)を原則として、「受益者に分配時に課税される信託」と「受託者に発生時に法人税が課税される信託」の2つがあります。

含まれることとなった。法人課税信託(法法第2 条第29 号の2 ハ(2))については、法人段階の 課税を免れることを租税回避とし、法人段階の課税を確保することが趣旨と考えられる。しかし、

法人税率引き下げスキームについて. 法人は 所得が800万円までの部分は税率が低く なります。 たくさんの法人を設立して利益を分散することで、全体として法人税の金額を下げようとするスキームです。 管理会社スキームについて

たとえば、2年前の年間課税売上高が1,000万円を超えていない場合には、消費税が非課税となります。この仕組みを利用したスキームが法人の設立(法人成り)です。法人を設立してから2年間は消費税課税を判定する期間がないため、消費税は課税されません。

法人税においても、受益者段階課税される信託の受益者等の信託損失のうち、信託金額を超える部 分の金額は、損金の額に算入できません。 このように、信託することで損失の取込みが制限される場合があることに留意する必要があります。

い、法人税、所得税の税制改正が行われ、特定信託の各計算期間の所得につい ても、法人税の課税対象とされた。 このように、集団投資スキームに使われるビークル(投資媒体)の種類が増 えていったことには現行税制が少なからず影響を及ぼしている。

従来、信託そのものに課税するという規定は一部を除いてなかったのですが、法人税課税信託が創設され、受益者の定めがない信託には、受託者が個人であっても法人税がかかります。信託から利益が上がればストレートに受益者に所得税が発生します。

法人課税信託 スキーム